サーフィンやお昼寝が KPI。自由に好きなことするほど褒められる文化

2017-03-07_05-26-19_230

nD の僕の KPI を月に何回 サーフィン行けたかにすることにしました。

つまり、僕はたくさんサーフィンに行けば行くほど褒められるということです。

同様にして、お昼寝をすればするほど、飲み会に行けば行くほど、nD では褒められる文化をつくっていきたいと思います。

オーストラリアにいた 3 月は 2, 3 ラウンドサーフィンも結構したので、  3 月は かなり良い成績です。4 月も 20 ラウンド超えを目指して行きたいところです。

これだけ聞くとなんて気楽で簡単な KPI で大丈夫かよ、、と思われるかもですが、意外と理にかなっていると思っています。

いつでもサーフィンに行って良いという文化自体は「仕事を責任をもつこと」「テンションをあげたり、リフレッシュする」「仕事の効率を考える」「充実度をあげる」などの色々メリットがありますが、これをさらに KPI とすることでさらにこれらのメリットを強めることができます。

なぜ KPI にするのかには、理由は3つあります。

1つが「効率化を考える習慣」

どうやったら前月よりもサーフィンに行けるかを考えた時、サーフィンの回数を増やすためには、仕事をサボるか効率化を図るしかありません。当たり前ですがサーフィンに行って仕事に支障をきたしていてはいけません。3 人チームである nD で 1人サボったら、クライアントに迷惑かかり自分たちに跳ね返ってくることは簡単に想像できます。

そうなるといかに効率化をして、今の業務を進めていくかを考える必要があります。ミーティングがたくさんあったら自分の時間をとることは難しいし、この先にスケジュールやタスクがみえなかったら、サーフィンにいってもよいのかダメなのかもわかりません。そのために新しいツールや、ハックもたくさん試すし、いろんなノウハウを身につける必要性がでてきます。

自分の好きなことをするために、今の働き方や方法をつねにもっといい方法がないかを考え改善していくのです。

2つは、「それぞれの人生の豊かさ」

仕事において KPI と自分の人生の豊かさに直結して関連することって、ほとんど無いと思います。サイトのビューが先月よりも200%達成したとか、それはそれで当然嬉しいのですが、それが僕のハッピーライフに貢献していますかとなった場合、割合としてはサーフィンより格段に少なく感じます。でもやっぱりいい波乗れたとか、美味しいご飯を友達と食べたとか、そんなことに僕は幸せを感じます。

普通仕事と関係ない好きなことをして褒めてもらえることなんて無いと思いますが、それをやればれるほど褒めてもらえるって素敵だと思いませんか?褒められれば感謝の気持ちも生まれるし、よしまた頑張ろうってやる気もでる。自分の仕事中に他のメンバーがビール飲んでいても妬みなど一切なく快く、 KPI のためにいってらっしゃいとお互い信頼していく感じはとてもいいなと思っています。

3つは「罪悪感から責任感に」

プライベートでもいろんな目標をたてて筋トレを週何回とか数値目標も立てますが、仕事じゃないし特にサボっても問題ありません。ですが サーフィンにいくことが会社の KPI ですから。責任をもってサーフィンにたくさん行かないといけないのです。

毎月 30 回サーフィン行ってる社員がいるということは、効率よく働いている証拠にもなります。また、これから働き方が変わっていく時代にむけて一歩先に行ける気がします。

もし責任感をもてなかったとしても、KPIにすることで仕事中に好きなことをする罪悪感を無くすことに役立ちます。しかも責任感をもつことより罪悪感をなくすことが大切かもしれません。

僕もそうでしたが、「クライアントが働いているのに。。」とか「上司が働いているのに。。」とかサーフィンに行くのに、罪悪感を持ったまま行ってました。サーフィンに行けそうな日でも、みんな働いているから今日はやめとくかなんてこともありました。休みの日以外に遊ぶことはよくないことっていういつの間にかあった先入観がおそらく日本人の多くの人にあるし、実際平日の昼間に遊んでいたら怒られる会社が多いでしょう。その先入観を取り除くのに KPI にしてチームで目指していくのはとてもいいのではと思っています。

僕らにとっての働きかた

とそんなことを中原さんと話していましたが、2013 年から同じことを考えていたみたいです。

Screen Shot 2017-04-03 at 10.34.46 PM

最近より自分をコントロールできるようになってきて、もっと仕事と全く関係のない趣味のサーフィンに行く意味がくっきりと見えてきました。多分これから働き方が多様になっていく中で、心穏やかに、高いクリエイティビティを出していくかを追求しく nD  は少し変わった立ち位置で存在できるのではと思っています。面白く信頼し合えるチームでの新しい働きかたをもっと実験していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト管理ツール「Asana」はどこが優れているのか

via Asana


via Asana

nDの中原です。本日はnDが使用しているタスク管理ツール「Asana」を紹介しようと思います。

nDが担当している全プロジェクトの進行管理を支えてくれているのが、「Asana」です。Asanaを使っていなかった頃、どうやってチームでプロジェクトを管理していたのか思い出せないほど、nDチームが重宝しているツールです。

Asanaに至るまでの試行錯誤

nDでAsanaを導入したのは約3年前。それまで、タスク管理を心地よく行うために様々なサービスを試してきました。nDが使っていたツールを振り返ってみると、Basecamp、Mac用アプリの「Kickoff」、TaskPaper、Hipchat、Googleスプレッドシートがあります。

これらのツールを使っている時に課題だと感じたのが、「ToDoをつくるのが面倒くさいこと」。Skypeやチャットで話した内容をいちいちToDoの形式に整え、タスク管理ツールに追加していくのは大変です。ToDoづくりに時間がかかると、タスク管理ツールに登録して満足してしまう事態も起きます。

「タスク追加の手軽さ」がAsanaの最大の魅力

では、タスク管理ツールとして、Asanaは何が優れているのか。MTG中に書いた箇条書きのメモを、そのままAsanaにコピペして入力できるんです。この手軽さが、Asanaの最大の魅力だと考えています。

ただ、Asanaが完璧なツールかと問われると、そうでもないんです。Asanaで完了したタスクは消えてしまうという欠点があります。

過去にどんなタスクを終わらせたのかわからないと、自分たちが次にやるべきことや、プロジェクトの現在地を把握することができません。そのため、Dropbox PaperやGoogleドキュメントを活用してログを残すことで、全体を俯瞰して見れるように工夫しています。

また、これはAsanaに限らないことなのですが、まだ明確なタスク形式になる前のToDoを管理することは難しいです。次回のブログでは、「そもそもタスクをどうつくれば、チームでプロジェクトを進めやすいのか」について書いてみようと思います。どうぞお楽しみに!

<編集・岡田弘太郎>

「作業の邪魔をしない」という価値観

smartphone-1894723_1280

nDの中原です。nDが大切にしている価値観のひとつに「作業の邪魔をしない」という考え方があります。

nDが手がけるWeb制作の仕事は、ものづくりの一種。新しいものをつくろうとして作業に没頭している時に、もし電話がかかってきたら、集中が途切れてしまいますよね。

そこからまた作業に集中するためには、時間がかかってしまうはず。なので、「電話をかける」といった作業の邪魔になるような行動はしない、というルールがあります。

電話の代わりにデジタルツールを最大限活用する

チームメンバーに伝えたいことがある場合、どのような手段で伝えるのか。

僕たちは電話の代わりに、プロジェクト管理ツール「Asana」にToDo形式で記入しています。

「相手に答えてほしいけれど、今すぐじゃない」仕事を進める上で、このような疑問はいくつも出てくるはず。なので、「Asana」にそれを全て記入して、コメントでやりとりします。

やりとりをする中で、「相手と会話したほうがはやく解決する」と思ったら、その時にはじめてオンラインMTGをセットし、一気に疑問点を解消していきます。

そもそも、作業に集中するためには?

作業に集中しようと思っても、人からの電話やメール以外の要因に邪魔されることは多いはず。例えば、作業をしているうちに、いつの間にかFacebookやTwitterを開いていたり。

僕の場合、指定した時間以外には特定のアプリを開けなくする「Focus」というアプリをMacに入れています。例えば、Facebookはお昼の12時から午後2時までしか開けないといった設定です。

このように、デジタルツールを活用することで、デジタルツールに振り回される日々から抜け出すことが大切なのかと。

次回のブログでは、今回紹介したプロジェクト管理ツール「Asana」の使いかたを紹介します。どうぞ、お楽しみに。

<編集・岡田弘太郎>

[TypeSquare Blog] ウェブの次に作ったのは、スタンディングデスク。もの作りへのこだわり

nDmorisawa

モリサワが運営するWebフォントサービス「TypeSquare」内のブログにて、nDが企画・デザインするスタンディングデスク「Erectus」が紹介されています。

「TypeSquare Blog」の立ち上げをnDで担当させてもらったり、ブログのリニューアルキャンペーンの賞品が「giftee」だったりと、モリサワさんとは何度か仕事をご一緒させてもらったことがあり、今回の取材に。

「Erectus」の製作をお願いしている、インテリアデザイナーの鈴木一史さんと一緒に取材を受けました。ちなみに、取材場所は鈴木さんが2015年3月にオープンした、サンドイッチと本のお店「Bird 代官山」です。

記事内では、スタンディングデスクを開発した背景や、「ERECTUS」という名前の由来、試作中の次のバージョンについて語っています。記事最後には、お気に入りの書体の紹介も。

ぜひご一読ください。

ウェブの次に作ったのは、スタンディングデスク。もの作りへのこだわり[nD Inc. 中原 寛法]
http://blog.typesquare.com/archives/54585

『社員をサーフィンに行かせよう』が「会社のビジョン」と「働き方」に与えた影響

nDの中原です。前回の記事でお伝えした通り、nDは社員全員がリモートで働き、顔を合わせるのは月に1回程度。リモートでありながらチームとして一緒に働くためには、会社のビジョンであったり、働き方の工夫がとても重要です。本日は、nDのビジョンと働き方に影響を与えた書籍『社員をサーフィンに行かせよう』について紹介します。

「社員をサーフィンに行かせる」根底にある価値観

IMG_1251

書籍『社員をサーフィンに行かせよう』は、パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードさんが、パタゴニアの働き方について紹介したもの。イヴォンさんは本書の中で、社員をサーフィンに行かせる4つの理由を以下のように解説しています。

1.サーフィンに行くことで仕事が遅れたら夜や週末に仕事をする。社員一人ひとりがそう判断できるような「責任感」を持ってほしいから
2.「午後にいい波が来るのでサーフィンに出かけたい」と思えば、その前の数時間の仕事はとても「効率的」になるから
3.いい波が来ることを事前に予測できないので、いい波が来たらすぐに出かけられるよう「融通をきかせられる」ようになるから
4.「私がサーフィンに行っている間に電話が来たら、受けておいてほしい」と、お互いの仕事を助け合える「協調性」を持てるようになるから

4つの理由の根底にあるのは、「フレックスタイム」と「ジョブシェアリング」の考え方。会社が従業員を信頼し、従業員が会社を信頼しているからこそ成り立つ働き方です。

nDのビジョンはどう生まれたのか?

僕がnDを立ち上げたのが2011年。従業員は自分ひとりだけの会社として、しばらくはやっていくつもりだったんです。でも、会社にしたことで、徐々にアルバイトの方に仕事をお願いすることも増えていきました。

自ずと「強いチームを作るにはどうすればいいのか」という問いを、自分の中で持つようになったんです。その時に読み返したのが、この本でした。

nDのビジョンを考える時も、本書を参考にしました。パタゴニアの場合は、自社の製品を実際に使ってみるという意味合いで、サーフィンに行くことを推奨しています。言い換えるならば、彼らが大切にしている価値は「会社の外に出て、自社製品で遊ぶこと」。

「会社の外に出ていくこと」をnDに置き換えてみると、画面の中のインターネットに閉じているだけではなく、インターネットの外側に出ていくべきという考え方になります。

「インターネットを使って、インターネットの外側を、もっと楽しく、そして、より豊かに。」

nDがスタンディングデスク「Erectus」をつくったりと、インターネットからはみ出した取り組みを行うもの、このビジョンがあるからこそ。

フリーランスにとってのタイムキーパーの重要性

イヴォンさんは本書の中で「私たちの会社では、本当に社員はいつでもサーフィンに行っていいのだ。もちろん、勤務時間中でもだ。平日の午前十一時だろうが、午後二時だろうがかまわない。いい波が来ているのに、サーフィンに出かけないほうがおかしい。」と語ります。

サーフィンが趣味の宮本くんに言わせると、「波はコントロールできないから、仕事のペースをコントロールする」のだと。他の趣味と異なり、サーフィンの場合は波が気まぐれなので時を逃すと遊べません。仕事を効率的に終わらせる方法や、タスクの優先順位の付け方について、「サーフィンから学ぶことができた」と宮本くんはよく言っています。

フリーランスとして働いていると、夜遅くまで非効率にだらだらと仕事をしてしまうこともありますよね。自分にとってタイムキーパーとなるものを持つことで、より効率的な働き方を実践していきたいです。

効率的な働き方といえば、nDでは「作業の邪魔をしない」という考え方を大切にしています。次回は、仕事仲間の作業を邪魔しないためにできることを取り上げようと思っています。それでは、お楽しみに!

<編集・岡田弘太郎>

明けましておめでとうございます

14242444_856488854451189_5370212397370272962_o

明けましておめでとうございます。

1 月 10 日より 2017 年通常営業開始します。

2017 年も nD をよろしくお願いします!

リモートワーク初日からInstagramで出勤簿をつけてみた

nDの宮本です。前回は、僕がnDに新卒で入社した経緯を中原さんが紹介してくれました。今日は、僕がnDに入社した時に始めた「Instagram出勤簿」についての話をします。

一般的な会社のように、nDに内定式や入社式はありません。出社日も特に決まっていないので、僕は新卒初日からリモート勤務でした。初日のオンラインミーティングで「せっかくの社会人1日目だし、何かしてみよう」と中原さんと話し合い、出勤簿をつけることに。

「普通の出勤簿をつけるのでは面白くない」そう考えた当時の僕は、趣味のサーフィンを活かして波の写真をInstagramに毎日投稿します。その写真に中原さんから「いいね!」をもらうことで、出勤という扱いになりました。

最初は順調で6月までは投稿が続いていたのですが、その後は徐々に減っていって……。ブログに「Instagram 出勤簿、 失敗しました。」という記事がある通り、今では更新が途絶えました(笑)。

「Instagram出勤簿」の仕組みは上手くワークしなかったものの、nDのリモートワーク文化は今も変わらず残り続けています。

勤務初日に対面で集まらなかったことが、文化の定着において重要な役割を果たしたと考えています。最初に対面で集まると”集まり癖”がついてしまい、たまにリモートで働く文化になってしまったのではないかと。

次回は、前回の記事で中原さんが紹介した書籍『社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論』が、nDの働き方や会社のビジョンに与えた影響について紹介します。

<編集・岡田弘太郎>

nDにはじめての社員が入社した時のエピソード

image03

nD代表の中原です。本日は新卒初日からリモートで働いている、エンジニア兼サーファーの宮本涼輔くんを紹介します。

いまnDは、僕と宮本くん、平木絢子さんの3人チーム。僕は東京都品川区、宮本くんは千葉県の九十九里浜、平木さんは東京都狛江市に住んでいて、チームで顔を合わせるのは月に1回程度。基本的にはリモートで働いています。

宮本くんとの出会いから、2012年4月に入社するまでのエピソードをお伝えすることで、nDのリモートワーク文化の一端をご紹介できればと思っています。

宮本くんが入社するきっかけをつくった1冊の本

「プログラミングについて相談できる人が欲しかったんです」

当時大学3年生で就活中だった宮本くんに、こう言われたのを覚えています。彼との出会いは2011年。エンジニア志望だった彼をアルバイトという形で雇い、一緒に働くことに。

フリーランスとして働いていた僕がnDを設立したのは2009年。以前アルバイトを雇ったことはあるものの、社員はずっと僕一人だけ。宮本くんを2人目の社員として雇おうと思ったのは、ある一冊の本と出会ったことがきっかけです。

その本は、パタゴニア創業者が自社の理念や働き方について綴った『社員をサーフィンに行かせよう』です。本を読み進めるうちに、「パタゴニアのようにチームで働く組織をつくりたい」と思い、社員を雇うことを決めました。

ある日Skypeで「宮本くんは来年どうするの?」と尋ねてみると、「海の近くでサーフィンをする」と答えていました。とっさに「保護しなければいけない」と考え、nDに宮本くんを誘うことに(笑)。

次回は、nDに入社した宮本くんが入社当時に実践していた「Instagram出勤簿」について紹介します。

<編集・岡田弘太郎>

nDの情報発信を外部ライターとしてお手伝いします

macbook-336704_1920
皆さん、はじめまして。フリーランスの編集者・ライターをしている岡田弘太郎と申します。

この度、nDの外部ライターとして、12月からブログの情報発信をお手伝いをすることになりました。更新頻度は週に1回程度。nDの皆さんにオンラインインタビューを行い、nDの働き方やリモートワークを円滑に進めるためのツールについて紹介していきます。

なぜ手伝うことになったのか?

「nDが考えて、実践していることを社外に発信したい」そんな相談を、知人経由でnD代表の中原さんから受けます。

Googleハングアウトを活用したオンラインMTGにて、その理由を伺ってみると「自分たちが何をしている会社なのか、きちんと外部に伝わっていない」という課題意識を話してくれました。

本ブログでは、nDが試行錯誤しながら取り組み続けている「リモートワーク」や、コミュニケーションを円滑に進めるためのアプリやサービスについて紹介。その根底にあるnDの価値観を発信していくことが狙いです。

情報発信を通じて、nDの働き方に共感してくれる人を増やす。最終的にはそんな目標を掲げながらブログを運営していきます。

客観的な目線から自社について知る

対外的な情報発信の意義は、もうひとつあると考えています。インタビューを通じて、私がnDの考えをまとめていく中で、会社の強みや改善できる部分を浮き彫りにしていくこと。

客観的な視点から会社について切り取るからこそ、「当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃなかった」と、その会社で働いている人に気づきを与えられるはず。

インタビュアーのみならず「読者」の客観的な目線も大切です。ブログでの記事を読んでくれた読者からの反応を通じて「自分たちの会社がどう思われているのか」知るきっかけを作れればと思っています。(なので皆さんからの感想絶賛募集中です!)

初回記事のテーマは「nD初の社員である宮本さんがnDに入社するまで」。新卒からリモートワークで働くことになる宮本さんがnDに入社するまでの経緯について紹介します。どうぞお楽しみに。

冬が寒いので、オーストラリアに夏を迎えに行ってきます。

こんにちは。宮本です。

日本の冬が寒すぎて、死にそうです。
海はいると、さらに死にそうです。

なので、夏を迎えにオーストラリアにやってきました!2月いっぱいいる予定です。

IMGP7859

さて、今回のリモートワークの実験は海外で長めな滞在。
各地でリモートワーク自体は慣れてきたのですが、約一ヶ月海外いるのは初めてです。

モバイルWifiは確保してあるので、都市にいればいつも通り通常営業でいけるばす。

そんなわけで夏を満喫しつつ、テンションあげて仕事したいと思います!

 

IMGP7854

IMGP7856

IMGP7868

IMGP7807

IMGP7748

IMGP7814